【9318】アジア開発 浮動株が大幅に減少!新株予約権20円で行使、増資完了後暴騰?

浮動株減少から期待されること

アジア開発の浮動株の減少が報告されています。猫組長も浮動株のパーセンテージに対してツイートしています!

先日の前回決算で、第10回の新株予約権20円で行使したよ!という報告がありました。もうすぐ、大株主として、大量保有報告があがってくる可能性があります。そのタイミングで、暴騰するのではないか!?という話もあります。浮動株の減少は、アジア開発が上昇していく予兆だとも考えられます

[br num=”1″]
スポンサーリンク


浮動株が少なくなると発生すること

マネツイでは、プロやセミプロではなく、初心者~中級者がターゲットなので、浮動株が減少するとどんなことが起こるかを簡単に説明します。基本的に、右肩上がりのチャートを描く企業は、株が買い集められていきます。そして、誰かが大量に握りしめると、株が枯渇しますよね。そうすると、だんだん株価は右肩上がりになっていきます。希少性が増したことで、少し買っただけで、株価が暴騰するフェーズがきます。つまり、浮動株が少なくなっているということで、誰かが買い占めており、後々株価が上がっていく可能性を示唆しているということです!

浮動株減少への反応は?

個人的には、感じたことも書きます。浮動株減少は、場中のリアルタイムの板情報を見ているとよくわかります。継続的に見ていない人は、注目度下がっただけでしょ?と思われるかもしれませんが、25円以上に並ぶ売り板が、明らかに減少していることを感じとれます。やはり、みなさん浮動株減少が気になる模様。猫組長は、浮動株2.8%とおっしゃっています!

猫組長のツイート

アジア開発の浮動株に注目した他の方のツイート

まとめ

アジア開発キャピタルに関して今回の記事で伝えたかったこと!
・浮動株の急激な減少は暴騰のサイン?
・アジアに注目している猫組長が、浮動株についてツイート

1円値幅の超低位株なので、雑にトレードすると、即お金がなくなります(笑)
新株予約権が20円で行使されていること。そして、大量保有報告書の相手次第ですが、もしサンフンカイグループ(香港の巨大企業)が保有していることがわかれば、20円で行使したものを、即さばくことはしないと考えられます。サンフンカイグループからは、アジア開発に副社長のポジションで出向してきている人材がいることも忘れてはいけません。黒字化させることを考えるならば、資本を入れて、しばらく保有して、企業価値を向上させることに動くはずです。あくまで推測なので参考程度に。

そうすると、新株予約権の行使価格20円以下は、比較的リスク少なく保有できるのではないでしょうか。

以上になります!読んで頂きありがとうございました!!
参考になった方は、ツイッターでのリツイートを積極的にして頂けるとうれしいです!

ブログランキングへの協力のお願い!

ブログランキングに参加しています!バナーへのクリックお願いします!
応援してくれるとリアルタイムのツイート情報更新頑張れます(笑)

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村


コメントを残す