大量保有報告書の調べ方!EDINETより有報キャッチャーの方が便利!その他ツールも紹介!

大量保有報告書の調べ方

大量保有者って、どこで調べればいいんですか?という質問を頂きました。アジア開発で、23%以上の大量保有を調査しようと思ったけど、IRには出てないということで、疑問になったようです。基本的には、EDINETで調査することが一般的だと思います。ただ、多くの方が、有報キャッチャーを使っていると思います。理由は、IRも含めて、会社の重大発表を、取得してきて、まとめて表示してくれるからです!そのあたりの使い方については、また別の機会に説明します。

[br num=”1″]
スポンサーリンク


有報キャッチャーを使って【9318】アジア開発の大量保有報告書を見つけるお勉強

皆さんのツイッター情報に踊らされることなく、自らの目で、サンフンカイの新株がどの程度発行されて、保有株数はどのくらいだったのかを、きちんと判断できるようにしましょう。

▼下記内容を実施すると、自ら報告書が調べれますよ。

では、画面キャプチャーを取得しましたので、順番にやっていきましょう。

1.有報キャッチャーを開く
2.検索ボックスにアジア開発の4桁コードを入力
3.検索ボタンを押下
4.大株主のタブを押下
5.変更報告書のPDFを開く
6.変更報告書を確認

有報キャッチャー

1.有報キャッチャーを開く

▼クリックすると、有報キャッチャーに遷移します
有報キャッチャートップ
[br num=”1″]

アジア開発のページに行くために検索

2.検索ボックスにアジア開発の4桁コードを入力(※下記以降は、画像のみで、遷移しません)
3.検索ボタンを押下

大量保有報告書を探すために大株主のタブへ

4.大株主のタブを押下(※画像のみで、遷移しません)

有報キャッチャー大株主へ

変更報告書のPDFを確認

5.変更報告書のPDFを開く(※画像のみで、遷移しません)

有報キャッチャー大株主0820

変更報告書内の変更を確認

しっかり、重要書類まで辿りつけましたね。PDF資料の赤枠でわかることをまとめます。
A.アジア開発の株保有数が、25.03%から23.39%に保有数が変更になっていること(変動幅が1%以下であればルールとして、報告書を出す必要はない)
B.1000万株をサンフンカイは、新株予約権を行使している。発行価格は20円ですね。

6.変更報告書を確認(※画像のみで、遷移しません)

サンフンカイ保有数と新株予約権の行使0820

[br num=”1″]
スポンサーリンク


慣れてくると数分で調べ終わること

詳しい人の情報を待つのではなく、簡単に自ら資料を見に行くことで、調べられます。サンフンカイは、今回株の保有比率を増やしたわけじゃないですね。アジア開発の株数はトータルで増えました。今回の主は大量保有報告書の調べ方なので、これ以上は語りません(笑)マネーツイートで、こういう武器を1つ1つ身につけて言って下されば、嬉しい限りです。

大量保有報告書を調べることのできるツール

最後に、他のサイトや、調べずに大量保有報告について、情報をもらえる方法も記載しておきます。

Webサイト

・EDINET:http://disclosure.edinet-fsa.go.jp/(情報の元ソース※使い勝手が悪い)
・株主プロ:http://www.kabupro.jp/
・M&Aonline:https://maonline.jp/(大量保有DBのタブから調査可能)

ツイッターの大量保有報告botがおすすめ

正直ツイッターをやっている方なら、大量保有報告の変更をツイートしているbotがあるので、フォローしていくのが一番早い!!いくつかあるので、使いやすいものを探してみて下さい。ただ、お目当ての銘柄以外も大量に流れてきますよ(笑)

まとめ

大量保有報告書を自ら調べるためにおすすめのツールは下記です。
・有報キャッチャーがおすすめ
・ツイッターの大量保有報告botが、一番早く、一番楽に取得可能。
・EDINETが、親玉情報ソース

以上読んで頂きありがとうございました!

参考になった方は、ツイッターでのリツイートを積極的にして頂けるとうれしいです!

ブログランキングへの協力のお願い!

ブログランキングに参加しています!バナーへのクリックお願いします!
応援してくれるとリアルタイムのツイート情報更新頑張れます(笑)

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村


コメントを残す