デイトレ板読み術!大口機関の株価の動かし方!株価は板の厚い方に動くのは何故?

デイトレ板読み術に使える大口機関の株価の動かし方

株リーマン氏の解説がとてもわかりやすかった。どういう理由で、株価が動くのか?

基本的に板の厚い方に株価は動くといいますが、大口の動きについて事例つきで説明されています。これを理解しておくと、板の読み方が変わります。初心者の方は、「売り板分厚いし、逃げておこう!」と感じる方も多そうです。逆なんですよね。トレンドを判断して、大口機関の株価の動かし方を想像すると、板の読み方に生きてきますね。

株価の値動きと大口機関の特徴(上昇トレンド)

▼芦田氏が、本記事の内容を図解 非常にわかりやすいです。(2018年11月2日追記)

スポンサーリンク


株価の値動きと大口機関の特徴(下降トレンド)

スポンサーリンク


個人投資家の感想

板読み関連記事

株式売買で大切な板読み術の心得!勝ちにつながる板読みの一例!基本が通用する程市場は甘くない!

大口機関の株価の動かし方関連記事

機関や仕手筋の手口公開!「仕込み~売り抜けまでの株価サイクル」を深く理解する一撃「2000いいね!」OVERの有益ツイート!