【20万円運用記】株式相場が全く読めてない時ってどうしてます?

相場が読めてない時ってどうしてます?

今週は、なんとか微増でしたが、2回トレードしただけ。あくまで、管理人の実力的な話ですが、資金流入先が読みにくかったです。そういう時って、どうしますか?

短期需給の売買で資産を増やす時に、私が、強く意識することを書きます。

「相場が読めない時は、一切売買をしない」

違和感を感じたまま、売買を繰り返して、コツコツと損を計上してしまう方がいます。そういうことは、絶対しないということを、20万円運用記では意識しています。

「勝率が高まる時だけ勝負する!」利益を出すことが目的なのに、ポジションを持つことが目的みたいになってる方を見かけます。

俗に言う、ポジポジ病。

短期需給に関して、機会損失なんて、バンバン逃せばいいと思っています。それよりも、失わないことを意識。週に数回、機会の一つか二つにちゃんと乗れれば利益は積み重なりますから。

わからない相場、わからない銘柄に乗っかって損を重ねないように、来週も気をつけます。

スポンサーリンク


「売買するとしても、少なめの資金で!」

0か1かでしか考えない人がいます。でも、資金の入れ方には調整がきくものです。全く読めない時は、売買しません。でも、ちょこっとだけ自信がある時は、いつもより少ない資金で勝負します。

例えば、話題株のテリロジー。800円だとします。

100株買って、2日に分けて売買。松井証券なら、手数料が一日10万円以内なら無料ですから、800円→810円で利益確定させると、1000円の利益です。これって、20万円運用記なら0.5%も増えるわけです。これって大きい話で、年間に10回繰り返すと、年率5%の運用になります。

年間5%の運用って、今の銀行金利見てもわかるとおり、すごい話なんですよね。でも、冷静に考えると、年間に10回程度、月に1回以下、上記のようなトレードをすればいいわけです。

ツイッターにいると、「バク益!」「ストップ高とれた!」なんて声も多々聞きますが、惑わされずに自分のペースで、コツコツ利益を積み重ねることを私は意識します。

もちろん、よっぽど自信がある時は、ポジションも多めにし、リスクを取りにいきますけど、基本は、コツコツです。読めない時は売買しません。

最後に

夏枯れシーズンなので、短期需給投資で、しびれをきらして、変なトレードをしないために、今日書いたことは、自分に言い聞かせます(笑)

貿易摩擦と好決算の綱引きのアメリカ、貿易戦争に影響を受ける中国、まともに余波をくらう日本と、全体地合いは読みにくい中、資金流入先を探すことはさぼらず、チャンスだけに乗るように意識していきたいです。

5か月目の運用振り返り

【20万円運用記】5ヶ月目の資産運用結果は?少額資産運用で心がけたこと!