トンピン氏流「失敗しない高ボラティリティ株投資法」現物と信用取引の使い分けを理解しよう!

トンピン氏流の失敗しない保有株のロット管理 現物と信用取引の使い方を理解する!

トンピン氏の高いボラティリティ株への投資手法ツイートです。ボラティリティは、資産価格の変動の激しさを表します。値幅の大きさと理解して下されば。現物と信用回転の使い方の参考になると思います。

初心者の方向けにある雹氏が解説

ある雹氏の解説が、わかりやすいと思います。信用枠を使って回転させて、現物は持ちっぱなしにしておく。そして追証にならないように、利益分で現引きをして、信用分の比率を減らしていく。信用枠に余裕が出てきたら、同じことを繰り返す。大事なのは、信用取引でレバをかけすぎて、多少の下落で追証にかかり、せっかくの保有株を手放した上に、資産も減らす事態を避けることだと思います。

スポンサーリンク


ロット管理は丁寧に!管理人の率直な感想

選定銘柄を初動でとらえて現物を保持、かつ、上昇する前提での信用回転。ロット管理をきちんとできる方が、丁寧に現物と信用を出し入れできるのであれば、効果的な手法だと思います。難易度高めなので、信用枠のロットを少なめにして臨むといいかもしれません。そもそも、信用取引や現引きについて危うい方は、まずは、基礎用語を理解して、リスク管理の勉強をしてから実践すべきだと思いました。

現物と信用取引を全力で使い、ハイレバしすぎて、追証にかかるような方は、考え方を学べるはず。トンピン氏の技術的なツイートは、大きな学びになりますね。実際に相場を仕掛ける方の考え方でもありますからね。

信用取引の関連記事

ウルフ村田氏から学ぶ信用取引!信用買いや空売りを学ぶ推奨本とツイートまとめ!

信用取引は借金と同じ!proselector氏のリスクを意識した信用取引の使い方!

トンピン氏の考え方を学ぶ記事

「株で一番大事なのは需給」株のプロ!トンピン氏の絶対に頭に入れたいツイート!