バブルって分かってるのに乗らない!株クラと仮想通貨クラの状況の違い!

moneytweet

仮想通貨への参入は1日判断が変わるだけで、自分自身の資産形成に大きな差が生まれる状況になってきてると思う。

バブルって分かってる。3000ドル台で押さえつけられてたビットコインが、1000ドル以上の大幅高で、トレンドラインをぶちぬいてから1ヶ月。そのタイミングで投資していた、仮想通貨は、リターンが71パーセントになってきました。堅実に投資するのは、保守的になることではなく、資金流入が明確な相場で勝てる可能性を上げて、利益を上げていくことも含まれると思っています。

▼画像はBITMEX

1557973674012

BitMEX

▼下記から登録で半年間手数料10%OFFです。

仮想通貨の明確な資金流入はチャンス

仮想通貨は、一日参入するのが、変わるだけで、利益の額がかなり違ってくる相場になってると思います。

数日前に記事にしましたけど、ビットコインの次は大型のアルトコインに資金が流れると書きました。この数日で、しっかりリップルやイーサリアム、そして今日はXEMにまで資金が流れ始めています。資金流入が進む仮想通貨で、勝負するのは、かなりトレードする身としては、気楽です。右肩上がりのチャートばかりになってきますから。

▼前回の記事

moneytweet稼ぎやすい市場で勝負する大切さ!針の穴を通す精度の株式市場の難易度!

一方で、株式市場は米中通商協議にふりまわされて、下落トレンドが続きます。明確な上昇トレンドと下落トレンド。仮想通貨クラスタの方々のツイートはかなり明るく、勝てる相場で勝負することの大事さがわかります。

株クラの方々は、おそらく報道が過熱し始めてからの参入になっていくでしょうけど、一度立ち止まって、ほんとのリスクが今どこにあるのか、考えてもいいかもしれません。

スポンサーリンク


株クラと仮想通貨クラ

チャートを比較するとわかります。せっかく、株や仮想通貨の最新情報が集まりやすいツイッターにいるのに、下記の状況に目をつむる必要なないと思っています。報道が過熱して、出川組みたいに話題になったからやってみるかじゃ、ツイッターの使い方としてはもったいないと、私は感じます。

Point
・日経やダウは現在先の見えない世界情勢の中で苦しんでいる。
・リスク回避先としてデジタル通貨に資金が流れている。
・仮想通貨クラスタは一気に資産を伸ばし、ツイートも明るい状態
・株クラは、信用評価損率も高まり苦しい状況

BITMEX

BITMEXは、仮想通貨のFXなのでショートからも入れます。リップル、イーサリアム、カルダノ、BCH、ライトコインなど主要なアルトコインも、レバレッジかけてロングもショートもできます。 ビットフライヤーのサーバーの止まり具合とか、国内系は、結構ひどいので、MEXを使ってます。

仮想通貨クラスタのツイッター見てると、株クラと全く違う反応です。資金流入が明確で、チャンスだと思うので、本気で検討したら良いと思います。稼ぎやすい相場で、一気に資金を増やす。難しい相場で勝負せず、勝ちやすい相場を選択するのも、資産形成のポイントだと思います。

BitMEX

▼下記から登録で半年間手数料10%OFFです。