2018年4月200社以上の決算発表ラッシュ開始!注目銘柄の見立てと決算発表日を改めて確認する!

2018年4月決算発表の始まり

あまり乗り気ではいられないですね~。前回までと比較して円高が進んでいますからね。日経平均EPSも、直近3週間は現状維持の状態。今回と次回決算で減益発表も出てくるか注目です!相場の全体感から個別銘柄まで学ぶことが多いテキトー氏が、直近注目度の高い企業をコメント付きでまとめて下さっています。うっかり決算またぎしたり、こんな地合いでも業績の良い企業を見落したりしないために参考にしてみてはどうでしょうか。

日経平均PER

為替が、企業業績に与える影響 関連記事

為替ドル円2018年4月現状と円高圧力の要因整理!輸出関連銘柄は今回決算では避けるべき?買うタイミングはいつ頃?

テキトー氏日程別注目企業コメントまとめ

4月9日 ライク、高島屋

4月10日 ANAP、ファステップス等

アパレル業績好調なANAPや、直近仮想通貨取引所の開設への期待で暴騰していたファステップス等。

4月11日 ファミマ、白鳩等

白鳩は、ツイッターでもよく話題になっていました。

4月12日 安川電機、フィルカンパニー、ファストリ等

安川は、最高益で前回は話題になりましたね。景気のベンチマークになる時価総額兆円企業。フィルカンは、いちごや郵政とのシナジー効果に今後期待。どのタイミングで売上が積み増されやすいか、テキトー氏のコメントは非常にありがたいです。

4月13日 北の達人、ロコンド等

北の達人は2017年に続き2018年も最強銘柄なんでしょうかね。20倍以上になってます。ロコンドは、田中社長が元気にツイートしまくってるので、いよいよ倉庫移転やVCのEXITも完了し反撃のタイミングですかね。

本記事に対するオススメ書籍

決算書の読み方を実践的に説明しているパートがあります。相場の転換期となる今回決算をしっかり分析したいものです。また、投資書籍はボリュームもあるため、紙をめくっているような感覚で読める電子書籍端末のkindleもオススメです。

株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi + 3G

補足