スルガ銀行経営陣引責辞任!不正融資やパワハラの企業文化は変わる?

スルガ銀行 会長や社長等幹部5名が引責辞任

第三者委員会の報告を受けて、経営陣刷新となるが、不正融資やパワハラ横行の企業体質は変わるのか?

スルガ銀行は7日、シェアハウス投資を巡る不正融資問題で、外部弁護士で構成する第三者委員会の調査報告書を公表した。融資の審査書類の偽装が横行し、「極端な法令順守意識の欠如が認められた」として、企業統治の機能不全を厳しく指摘した。岡野光喜会長(73)や米山明広社長(52)ら常務以上の取締役5人が同日付で引責辞任し、米山氏の後任に有国三知男取締役(52)が就任した。

引用先:共同通信:スルガ銀行、会長ら5人引責辞任 偽装横行、統治機能不全と報告書

経営陣の辞任は逃げ? 識者や投資家等は復活も難しいとかなり厳しい論調

スポンサーリンク


倒産懸念や第三者委員会の調査報告に関する記事

スルガ銀行第三者委員会調査報告内容がひどい!株価は悪材料出尽くし?

スルガ銀行一部業務停止検討報道で株価下落継続!不正融資、倒産懸念で投資家はどう動く?