企業への突撃アポは得なのか?投資家が知るべき企業側の対応と想い!

moneytweet

かぶ1000氏の企業への突撃アポのツイートが、論争を生んでいますが、個人的には、企業側の担当者目線でツイートなさってた方の内容が学びになったのでツイートに残しておきます。物議は呼びましたが、投資家として企業リサーチをするかぶ1000氏の姿勢は見習いたいです。

個人間の論争自体には、あまり興味がないので割愛します。個人投資家として気になったのは、下記のポイントです。

個人投資家として学びになったポイント
・実際に突撃アポにメリットがあるか?
・突撃アポで企業側の対応は変わるのか?
・得られる情報に差異は発生するのか?

突撃アポの方が良い情報を聞きだせるのか?

スポンサーリンク


突撃アポに対して企業側の対応は変わる?

Point
・訪問して頂くことは迷惑ではなく、むしろ歓迎すること
・突撃アポに対して、情報管理、安全管理の観点で広報担当者は出て行かない可能性
・特殊株主の対応は、IR担当ではなく、総務部が引き受ける
・総務部は、反社対応もしている
スポンサーリンク


企業への突撃アポへのメリットがあるか?引き出せる情報に差異が出てしまうか?

Point
・総務が、欲しい情報を持っていない可能性もある
・総務には、株主様に変なことは伝えられない思いがある

moneytweet

けと氏が「入り口を間違えないで。」と最後締めくくっていますが、個人投資家としては、正式にIR担当者と連絡をとって、企業訪問した方がいいのかなと感じました。