ニッキがインド全量EV化撤回で脚光!天然ガス(CNG)車向け燃料制御装置等の需要期待で株価上昇!

ニッキに追い風であるインド全量EV化撤回ニュース

インドが、全ての車をEV化するわけではなく、戦略柔軟に環境車に対応すると発表しました。市場に大きなインパクトを与えそうです。

ニッキのような、天然ガス車関連銘柄は、注目です。そして、先程増収増益と日経新聞でも伝えられました。

早速(前から銘柄名ふせてツイートしてたけどw)、実力ある投資家達が、ツイートしているので、まとめです。

スポンサーリンク



インドEV車化に関する記事

▼先程の日経記事に対する識者のコメント

HVは?と、EV化に慌てるトヨタとスズキさんの記事

脚光を浴びたニッキの可能性は?

ニッキは、ガソリン車が使う、キャブレター(気化器)で、日本唯一の企業でしたが、今は電子燃料噴射装置に切り替わってきています。その中で、天然ガス(CNG)車用の電子燃料噴射装置(インジェクション)が、収益の柱になってる企業です。EV化の流れだと、インジェクションっていらなくなります。

EVに限定されていたインドの環境車の選択肢が広がることによって、ニッキの天然ガス車に関する技術が脚光を浴びています。インドへの販売力強化は、必須ですね。

もちろん、インドにとどまらず、中国などの市場についても今後楽しみな企業です。世界的にも、完全なEV化を推し進めようとする流れではなくなってきているのかもしれません。

直近の決算

ニッキに増収増益の報道

ニッキについて

leeさんが、ニッキについてわかりやすくまとめてくれています。

ニッキに関するリスクは?

リスクは、輸出比率が高く円高懸念!!

▼VAZさんから始まる一連のツイート

一言コメント

EV化の流れで、株価が2017年に暴騰した企業も多々あります。世界的な爆発的な需要に期待して、先物買いが起きたわけです。EV化が、全てではないとなると、HV車など他の環境車の市場も期待できますよね。ニッキは、本日大きく動きだしましたが、注目しておきたい銘柄です。

今後の市場の大きさを考えると、頭に入れておきたい企業だと思います。

以上ニッキのまとめでした。

投資は自己責任!

コメントを残す