衝撃の松井証券信用評価損率25%越え!底値圏や天井圏の数値を理解する!

25%越え!?信用評価損率を理解しよう!

松井証券の信用評価損率が、25%越えは衝撃的でした。有名投資家も多々反応した話題。こんな地合いでもない限り、評価損率に関して、整理する機会もないので、下記のpointで、まとめます。

Point
・底値圏と天井圏は、一般的にどの程度の数値か
・現状数値から、今の相場を考える
・有名投資家含め、どのような見立てか

ネットストック信用評価損益率とは?

ネットストック信用評価損益率とは、松井証券で信用取引を行っているお客様がどれくらい含み損益を抱えているかをパーセンテージで表した指標です。市場全体の相場の天井・底を探る指標として、多くの投資家が注目しています。

他の証券会社や新聞記事等では前週の信用評価損益率を公表していますが、松井証券では毎日公表しています。

松井証券の信用評価損率(7月5日、6日)

Point
▼かなりの水準
7月5日:-25.53%
7月6日:-22.84%
7月9日:-21.00%

信用評価損率の一般的な底値と天井の水準を把握

私自身も、下記似たような感覚です。-20%越えがいかに異常値か、わかると思います。今の相場状況から、さらに拡大する可能性も頭に入れておきます。

Point
・大底圏:-15%
・天井圏:-3%

信用評価損率25%越えに対する投資家の見立て

信用取引に関する記事

信用取引で大損した人がはまる負の投資行動!株は資金管理の徹底から。

ウルフ村田氏から学ぶ信用取引!信用買いや空売りを学ぶ推奨本とツイートまとめ!