バフェットAMAZON株に初投資の衝撃!「今まで買わないのは愚かだった!」投資スタイル変化の理由は?

moneytweet

わりと衝撃的なニュースだなと思ってたら、案の定ツイッターの皆様方も、「投資スタイル変わったのか?」とか、「アマゾン調べなきゃ!」とか、ざわついてました。バフェットさんは、以前からベゾスCEOのファンだったのですね!私は、米国株について多々ツイートして下さってる大投資家氏のつぶやきで気づきました。チャート掲載してくださっていますが、わりと高値で買ってるんじゃ・・・。後継者2名が、アップルの時同様、大きな影響を与えていそうですが、90歳になっても時代に合わせて柔軟な思考をもてる事に、ただただ尊敬の念です。

バフェット率いるバークシャー社でAMAZON株を購入!投資スタイルの変化は後継者2人によるもの?

アップルに続き、アマゾンまで買い始めるとは。結構驚きました。わからないセクターには、投資しないと思っていましたが、だんだん投資銘柄に変化が出てきているように思います。

[2日 ロイター] – 米著名投資家のウォーレン・バフェット氏は2日、CNBCのインタビューで、自身が率いる投資会社バークシャー・ハサウェイが米アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)の株式を初めて取得したことを明らかにした。株式を購入したのはバフェット氏ではなく、投資マネジャーのトッド・コームズ氏とテッド・ウェシュラー氏のどちらかで、詳細はバークシャーの株式保有に関する今月の四半期報告で明らかにされるという。アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)の指導力を長く評価してきたバフェット氏はCNBCに対し、アマゾンについて「ずっとファンだった。(株式を)購入しないできたのは愚かだった」と語った。バークシャーによる株式取得が明らかになると当該企業の株価は上昇することが多い。
コームズ氏、ウェシュラー氏による株式取得がきっかけとなり、バフェット氏が結果的に大規模な買収などに踏み切った例もある。また、アップル(AAPL.O)株への投資は両投資マネジャーのどちらかが2016年に始めたが、バフェット氏が株式を買い増し、現在では2億5500万株超(約530億ドル相当)と普通株への投資としてはバークシャー最大となっている。

Point
・バフェットは、アマゾンのジェフベゾスCEOのファンだった!
・多くの方が意外と思ってる投資銘柄の変化は、後継者2名のコームズ氏、ウェシュラー氏が関係してるのでは?
・ハイテク系の2大巨頭と言ってもいい、アマゾンと対をなす銘柄アップルも大量保有中。アップルも好調↓
APPLアップル決算好調!iphone販売からサービス事業拡充へ!APPLECARDやAPPLETV+に期待!

スポンサーリンク


バフェット率いるバークシャーが、AMAZON株を購入した件についての反応