MSCIリバランスの対象銘柄と時期は理解必須!銘柄入れ替えと売り圧力に注意!

MSCIって?リバランスの時期や規模は?

ファンドは、当然組み入れている中に、悪材料発生やパフォーマンスが悪化した銘柄は、除外します。そして新たな商品を組み入れます。投資信託もそうですね。例えばレオスキャピタルも頻繁に銘柄の入れ替えをしています。そういった事象が、大規模に発生するのが5月末だと言われています。

世界的な指数として、グローバルに影響があります。世界的各国の機関投資家の売買に使われている指数ため、大規模な入れ替えが発生します。

MSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)が算出・公表する指数の総称。先進国、新興国、フロンティア市場(経済発展の初期段階にある途上国)合わせて約70カ国・地域の株式市場をカバーしている。代表的な指数として、先進国と新興国の大型株、中型株から構成されるMSCI All Country World Index(ACWI)、先進国の大型株と中型株から構成されるMSCI World Indexなどがある。多くの機関投資家や投資信託のベンチマークとして採用されている。

引用元:MSCI指数とは?

リバランスの時期は?

POINT
▼MSCIのリバランスについて
・回数:年4回
・時期:2月、5月、8月、11月
・大規模なリバランス:5月、11月
・指数採用は、最終営業日

MSCI指数採用銘柄の組み換えは、年に4回あり、5月と11月が大規模なものです。株は、10月~11月頃に買えというアノマリーの時期にも、時期が重なりますね。MSCI採用銘柄の組み換えも要因の一つだと思っています。

株を買うタイミングを徹底検証!年間を通して一番利益が出やすい買い時は?アノマリー通りの検証結果?

2018年8月の入れ替え銘柄は?(2018年8月15日追記)

POINT
[新規銘柄] ・昭和電工
[除外銘柄] ・スルガ銀行

スポンサーリンク


2018年5月の事前と当日の値動きは?

5月31日に3000億~3600億円の売り資産になります。対象銘柄は、物理的に大商いが発生します。理解してる方の中には、銘柄情報を事前に仕入れ、イナゴしている場合もあるでしょう。発表と同時に、銘柄を購入される方もいますので、当日に向かって思惑が働く形になります。

2018年5月のMSCI入れ替え銘柄と規模は?

POINT
▼5月31日:3000億~3600億の売り試算発生

[新規銘柄]

・サイバーエージェント
・小林製薬
・東京センチュリー
・SGHD

[除外銘柄]

・ミクシィ
・九州FG
・八十二

2018年5月のMSCIリバランスの具体的な試算

あくまで予想ですが、試算して下さっていることがありがたいです。参考にしてみてはいかかがでしょうか?